撮影が終わったら

撮影が終わったら、いくつか事務手続きがあります。

それについて説明していきます。

公開のご案内


まずは、今日撮影した写真がKIDS-TOKEIに公開される日時を教えてもらえます。

教えてもらえる情報は、

出演時間と公開日です。

公開日については1カ月間で、前半の2週間と後半の2週間で午前、午後が入れ替わります。

例えば、出演時間が3:00だとすると、前半の2週間が午前3:00、後半の2週間が午後3:00(15:00)となります。

専用の用紙を貰えますのでメモしておく必要はありません。また、KIDS-TOKEIの公式アプリ上からも公開日と出演時間は確認することができるので忘れてしまった場合はそちらで確認してください。

撮影

さて、会員登録・企画への応募・写真撮影・ボード作りと、ここまで様々な準備段階の説明をしてきました。

ここまでの準備を経ていよいよ撮影に関する説明をしたいと思います。

撮影前に


いよいよ撮影となり、テンションが上がってくると思いますが、出発前に一度公式ホームページをチェックしましょう。

雨予報や強風など、天候が悪かったり、悪くなる見込みの場合、中止となる場合があります。

事前にメールで連絡が入ると思いますが、念のため確認することをお勧めします。

もし無事に開催する場合は、公式ホームページに、「撮影会開催情報」としてTwitterに書き込みがされているのでそちらもチェックしてみてください。撮影会場にスタンバイしているスタッフやカメラマンからのコメントを見ることができますよ。

出発


予定通り撮影されることが確認できたらいよいよ出発です。

が、出発する前に撮影時間の確認と、忘れ物がないかもう一度確認してくださいね。特に頑張って作ったメッセージボードは忘れないようにすることと、持っていく際に折れたり、破れたりしないように気をつけて持っていきましょう。

折れないようにダンボール等の厚紙を一緒に重ねていくといいと思います。

それと時間には余裕をもたせて行動してください。
特に自家用車で現地に向かう場合、途中で予期しない渋滞等に巻き込まれて撮影時間に間に合わないといったことも考えられますので、その点注意してください。

なんて、偉そうなことを言っていますが、我が家も一度やらかしました。

それも5分・10分程度の遅刻ではなく、1時間近くの大遅刻です。

丁度GWの時期にかぶってしまい、見事に渋滞に引っかかってしまいました。

スタッフの方にはご迷惑をお掛けして申し訳ない気持ちでいっぱいです(汗)

撮影日は参加者毎に撮影時間が決められています。

遅れるとスタッフの方、及び他の撮影の参加者の方にも迷惑がかかりますので気をつけましょう。

万一、遅れそうであれば、必ず事前に連絡しましょう。
当日の連絡先については予め通知されているのでもしもの時は迷わず連絡してください。

到着したら受付へ


撮影場所に無事到着したら、事前に受付場所が指定されているのでそちらに向かいましょう。

ピンクののぼりとピンクの服を着たスタッフが目印ですよ。

メッセージボードは受付の際に渡すことになります。

無事受付が済んだら後は撮影まで近くで待機です。

他の参加者の撮影の進行によって撮影までの時間が変わってきます。

今までの経験では、早い時は受付後5分以内、最長で1時間超といったところですかね。

撮影までの待機時間はなかなか予測することは難しいですが、撮影時にごきげん状態で臨めるよう、待機中は赤ちゃんの機嫌に気を配りましょう。

いよいよ撮影


撮影の順番になったら担当してくださるカメラマンの方から声がかかります。

実際に撮影する場所についてはカメラマンさんが考えてくださるのでカメラマンさんについていけば問題ありません。

撮影場所に着いたらいよいよ撮影開始です。

撮影が始まったら後はその様子を静かに見守る・・・

なんてことにはなりません。

特に赤ちゃんの撮影ではパパ・ママ大忙しです。

なぜなら赤ちゃんのポージングは全てパパ・ママの役目だからです。

うつ伏せのポーズだったり、お座りのポーズだったり、カメラマンさんからの指示にあわせてテキパキ動かないといけません。お座りが安定しない場合、カメラに映りこまないギリギリの場所でいつでも支えられるようにスタンバる必要もあります。

そして更に重要な任務がパパ・ママにはあります。

それは、「笑顔を引き出す」ことです。

もちろん、カメラマンさんやスタッフの方も赤ちゃんの笑顔を引き出すため色々頑張ってくれます。

でもやっぱり、一番笑顔を引き出すことができるのは、パパ・ママに他なりません。

なので笑顔を引き出すためみんな必死です。

場所によっては一般のお客さん等もいる場所での撮影になりますが、恥ずかしがってなんかいられません。

とっておきの笑顔の写真になるように頑張りましょう。

ちなみに我が家はというと、「応募用の写真についての」記事でも書きましたが撮影専用のうちわを持参します。(※詳しくはそちらの記事を見てください)

なので皆さんも必笑のアイテムやサインなんかを考えておいてください。

抱っこや高い高い等で笑顔になる場合もありますが、それはあくまでご機嫌回復の手段だと考えてください。

いざ撮影になるとパパ・ママの手から離れた状態になるので、離れた場所からでも笑顔を引き出すことができるとっておきを見つけましょう。

 

 

 

ボード作り

無事合格したら撮影用のボードを作りましょう。

ボードとは


ボードとはどんなものでしょう。説明するより見ていただいたほうが理解していただけると思います。

<KIDS TOKEI公式サイトより引用>

簡単に言うと、撮影の際に一緒に写すメッセージボードです。

上の写真のように、名前とメッセージが書かれたメッセージボードが必要となります。

公開される写真は、多くの企画の場合、2枚掲載されます。

一つはKIDS TOKEI側が用意する時刻を合成するためのボードと一緒に撮る写真。

そしてもう一つが、参加者が作成するボートと一緒に撮る写真です。

作成するボードは、決められたサイズの用紙であれば、それこそマーカーで名前だけ書いて完成。でも問題ありませんが、折角の撮影ですから可愛らしいメッセージボードと一緒に撮影してもらいましょう。

 

用意するもの


用意するものは以下のとおりです。

・B4サイズの黒画用紙(25.7cm×36.4cm)

・デコレーションするためのグッズ

B4サイズの黒画用紙は、100円ショップに5枚入りくらいで販売していますからそれで充分だと思います。

デコレーションするためのグッズは各自どんなボードにするかイメージしながら調達してみてください。

定番どころでは、色ペンやマーカー、折り紙なんかを組み合わせて作るのが無難な感じですが、凝る方は非常に凝ります。力の入れようが半端ないです。

作成


さて、準備ができたらいよいよ作成開始です。

早速、黒画用紙を用意しましょう。

尚、B4サイズに納まっていれば、平面である必要はありません。

立体的なメッセージボードでも大丈夫です。

また、横である必要もないです。縦でも大丈夫です。

参考までに少し恥ずかしいですが、我が家で頑張ったボードをご紹介します。


<その1>
主に折り紙で汽車と動物たちと、名前を作成しました。
(名前は恥ずかしがり屋なので伏せさせてもらってます。)
最後の列車のうさぎさんをくり抜いて写真を貼り付けています。

汽車からでている煙には綿を張り付けて立体的にしてみました。


<その2>
これは縦で作成してみたボードです。
くまさんをくり抜いて写真を貼っています。(くり抜き好きです。)
上部には水風船を貼り付けてそこにマーカーで名前を書いています。
(恥ずかしがり屋なのでここでも名前は一部伏せています。)
また、手元から風船までは毛糸を使い、空の雲には綿を使用しています。

※ちなみに上記のボードで使用したアイテムはすべて100円ショップで調達しています。100円ショップでは色々使えるアイテムが揃っているので、是非足を運んでみてください。

どうでしょうか。作成のイメージはついたでしょうか。

後は皆さんの表現力次第です。

グランプリとは別にボード大賞(BOARD DESIGN CONTEST )というのもありますので、大賞を目指そうという方は是非頑張ってください。

とは言え、余り根を詰めすぎると疲れてしまうので、無理のない範囲内で楽しく取り組んでくださいね。

注意点


最後になりますが、ボードを作成するにあたって注意点を2点ほど。

1.重くなるデコレーションは避けること

撮影時は、KIDS TOKEI側で用意した板のボードに、両面テープのようなもので、作成したボードを貼り付けて立てた状態で撮影を行います。
従って、ある程度までの重さであれば、貼り付けている関係上問題はありません。
但し、余りに重さがあると、そもそも貼り付けた状態をキープできない可能性があるのでお勧めしません。
折角作ったメッセージボードが使えないじゃ、悲しいので重さは意識しておいてください。

2.キャラものに注意

企画には色々なタイプのものがありますが、その中にアニメやブランド等とコラボしているものがあります。
そのような企画に参加するときは他のキャラやブランドをあしらったボード等を作成することは避けてください。

アンパンマンの企画に、ドラえもんのメッセージボードじゃおかしいですよね。

なのでそのあたりはどんな企画に参加しているかを意識して準備を行ってください。

また、メッセージボードだけの話ではなく、当日着ていく服についても同じことが言えますので、あわせて注意してください。

逆に企画にあったものであれば当然問題ないのでその際は有効活用してくださいね。(アンパンマンの企画にアンパンマンをあしらったメッセージボード等)

さて、次はいよいよ撮影当日のお話です。

 

合格発表

今回は、合格発表について説明していきます。

確認方法


合格の発表についてはKIDS TOKEI公式のスマートフォンアプリで確認することができます。

アプリにログインし、申し込みをした企画のステータスを確認してみましょう。

緊張の一瞬ですよね。期待と不安が交錯するドキドキの時間です。

前回の「申込状況のステータスについて」の記事に詳しく書いていますが、合格発表当日に申込みを行った企画のステータスが【 合格発表中 】に更新されていたら・・・

おめでとうございます。合格 です。

もし、ステータスが【 選考中 】のまま更新されていなかったら・・・

残念ながら、現時点では、合格は頂けていません。

 

気付きました?ステータスが更新されていないとしても、まだ不合格が確定したわけではないんです。

なのでまだガックリ肩を落とす必要はありません。

その理由は、この後説明していきますね。

合格発表は何時から?


合格の発表は当日の何時くらいに行われるんでしょうか?

気になりますよね。

この件については、公式からは正式な指定はありませんが、過去の実績から概ねAM5:00くらいには発表されていることが多いです。

なので少しでも早く合否を確認したい場合は、早起きして確認してみてください。

もし合格していなかったら・・・


合格発表の当日に合格が通知されると気分がいいですが、そうでないときもあります。

でも、ここで合格の通知がされていなくても不合格が確定したわけではないので希望を捨てないでくださいね。

募集要項の合格発表の欄を見ていただけるとわかると思いますが、合格発表は、1日だけを指定しているわけではなく、○○日~(以降)という記載になっています。
当日以降も合格発表の通知期間に含まれているんですね。

 

では、どういった際に、当日以降に発表されることがあるんでしょうか。

そのケースは大きく2つあります。

1.合格発表のタイミングが異なる

合格発表を行うタイミングが地域毎などで分割されているケースがあります。全国を対象とした企画では、この傾向があります。

更に、時間毎に順次というより、日別で発表されていることが多いように思えます。
また、例えば、毎回首都圏から優先的に発表ということもなく、地域毎の優劣もないと思われます。

なんでそんなことがわかるんでしょう。

これはですね、非公式ですが、KIDS TOKEIに参加している方々のコミュニティ(掲示板)があるんですよね。そこに皆さんからのいろいろな情報が書き込まれているんですが、その中に合格発表の結果を報告してくれるスレッドがあるんです。

上記の傾向はその掲示板の書き込みから傾向を予測したというわけです。

ちなみにこの掲示板ですが、参加者のホットな情報も多く書き込まれているのでブックマークしておくことをお勧めします。

掲示板はこちら

 

2.追加合格がある

もうひとつは、追加合格の存在です。

これは、当初合格を出した方々のうち、参加を辞退される方が一定数いらっしゃるので、その分の撮影枠を追加分として、合格を出すことがあります。

この追加合格ですが、参加を辞退する方がいらっしゃることが前提なのですが、個人的にはそれなりに辞退する方はいると思ってるんですよね。

なぜかというと、合格時に通知される撮影枠は日時、場所とも参加者の希望は全く考慮されず、運営側で一方的に決めてるんですよね。

流石に、関東在住で他の地方の撮影場所になることはないんですが、住んでいる県の隣接する県だったりすることは往々にしてあります。
また、日付も普通に平日が指定されることも多いですから、共働きの家庭とかだと中々都合がつかなかったりすると思うんです。

なので、キャンセル自体は多いはずですので、追加で合格を頂ける可能性もそこそこあると思うので、もうしばらく諦めないで待ってみてください。

 

以上、合格発表の流れについて説明しました。

無事合格できたら、後は撮影当日に向けて、諸々の準備をするだけです。

次回は撮影に向けての準備のうち、大切な「ボード作り」について説明していきます。

 

申込状況のステータスについて

前回までで、会員登録から気になる企画への応募方法まで説明してきました。

今回は、KIDS 公式のスマートフォンアプリで確認できる申し込み状況のステータスについて説明します。

企画毎に申込みの状況が一目でわかるので便利です。

ステータスは全部で6種類あるので是非覚えておいてください。

【 募集中 】


ログイン時点で募集中の企画のうち、まだ参加申し込みを行っていない企画に対してこの表示がされます。

気になる企画があったら積極的に応募してみましょう。

【 選考中 】


希望する企画に応募を行うと、【 募集中 】から【 選考中 】にステータスの表示が変化します。

このステータスになったら後は合格発表の日まで待つのみです。

ちなみに、この【 選考中 】の表示ですが、合格した場合のみ表示が次の段階のステータスへと変化するらしく、残念ながら合格できなかった場合は、【 選考中 】のまま表示が変わらないそうです。

合格発表から撮影日程の期間中は追加合格の可能性もあるので、【 選考中 】のままでもいいと思いますが、撮影日程の期間が過ぎてしまった以降も【 選考中 】のままというのは正直嫌ですよね。

この点については、KIDS TOKEI側に改善していただきたですね。

【 合格発表中 】


無事合格すると【 選考中 】から【 合格発表中 】にステータスの表示が変化します。

この【 合格発表中 】という表示ですが、この表示がでたら合格確定です。

但し、このステータスになってから、2日以内に参加するか、辞退するかを決めないと自動的に辞退扱いになってしまいますのでくれぐれも注意してくださいね。

特に注意したいのが、合格発表日以降に通知されるケースです。

追加合格の場合だけでなく、通常の合格についても地域毎に順次発表されるケースがあり、発表が翌日以降になるケースもありますので、合格発表からしばらくの間は1日1回は確認することをお勧めします。

折角合格したのに見逃してしまってはもったいないですからね。

【 撮影予定 】


【 合格発表中 】のステータスから参加を希望すると【 撮影予定 】にステータスの表示が変化します。

ここまで済んだら後は撮影当日までの準備作業に取り掛かりましょう。

【 辞退 】


【 合格発表中 】のステータスから辞退を選択すると【 辞退 】にステータスの表示が変化します。

撮影日時、撮影する場所(撮影枠)については、合格発表の段階で決まっていますのでどうしても都合がつかない場合は【 辞退 】を選択してください。

但し、撮影枠については、変更することが可能ですので、通知のあった撮影枠での参加が難しくても諦めず、変更可能な撮影枠を検索してみてください。

変更可能な撮影枠については、その他の参加者の変更状況ともリンクしており、同日であっても検索する時間によって、空き状況が変化しますので、こまめにチェックして希望の撮影枠を探してみてください。

その際、初回の撮影枠を、できる限り後半の日程に変更しておき、空き状況のチェックをすると希望する撮影枠を確保できる可能性が高まります。

但し、変更可能な期間は、その時点で確定している撮影日の8日前までに行わなくてはいけませんので、もしその時点で希望する撮影枠がなかった場合は、辞退してください。

しっかりと辞退しておかないと撮影日当日が無断欠席となり、次回以降申し込みを行った企画で、審査対象から外される可能性がある旨公式ページにも記載がありますので、くれぐれも注意してください。

【 公開 】


撮影日が過ぎると【 公開 】のステータスに表示が変化します。

【 公開 】といっても、残念ながらすぐには見れません。

【 公開 】表示のすぐ下に公開日の情報が記載されているはずですので、当日まで楽しみにしていてくださいね。

 

以上、KIDS 公式のスマートフォンアプリでのステータスの説明でした。

応募用の写真について

ここからはKIDS TOKEIの企画に応募する際に添付する写真(モデル画像)について書いていきます。

とはいえ、本格的な写真の撮り方となると、それ専門のサイト等があるので具体的な撮影方法については、そちらを参考にしていただいた方がよいと思います。

ここでは、KIDS TOKEIの企画に応募するにあたって用意する写真について、ポイントを絞って説明したいと思います。

どんな写真を求められているか


ずばりどんな写真が求められているのでしょうか。

実は、この問いに対する答えは公式サイトの「よくあるご質問」に書かれています。

Q.応募写真はどのようなものがよいですか?

A.ご応募頂くお子様のお顔をハッキリと写してください。
  (半身、全身どちらでもかまいません。)

更にこんな言葉が続いています。

※お写真のクオリティも重要な選考基準となりますのでとびきり素敵な写真をお送りくださいませ。

要は、「赤ちゃんの顔がちゃんと写っていれば応募はできるけど、それなりの写真じゃないと合格させないよ」と言っているわけですね。

応募用はどのように準備する?


「写真のクオリティも重要です」と書かれると、一気にハードルがあがった感じがしますよね。

でも大丈夫。自分で撮影した写真で十分合格することができます。

わざわざ、プロのカメラマンに撮ってもらう必要はありません。
折角無料で参加できるモデル体験なわけですから、既に撮影済の写真があるという状況でなければ無理をして撮影しに行く必要はないと思います。

 

我が家もこれまでに、KIDS TOKEIの企画に応募してきていますが、全て自分で撮影した写真を使用しています。

応募自体は10回に満たない程度ではありますが、今のところ全て合格を頂けています。

なので、ポイントさえ押さえれば合格する確率は上がるはずです。

合格するためのポイントは?


では、どのようなことに気を付けて写真を撮ればいいか書いていきます。

但し、ここからの記載はあくまで私自身の経験則に基づいています。この方法であれば絶対合格とまでは言い切ることはできませんので、参考程度に見ていただけると嬉しいです。

あまり着飾らない

折角応募する写真ですから少しでも可愛らしい写真を用意したいですよね。その気持ちわかります。

でも少し待ってください。
その服少し派手じゃないですか?

写真でアピールしたいのは我が子の可愛らしさですよね。服が目立ちすぎて服ばかりに審査の目がいってしまっては本末転倒です。

【 シンプルイズベスト 】

変に着飾らない方が子供の可愛らしさは強調されるはずですよ。

当然ながら、背景もあまりゴチャゴチャしていない方がいいですよ。

 

プレ本番のつもりで

プレ本番とは、本番のつもりで場所もポーズも意識して撮ってみましょう。ってことです。

合否があるということは、それを審査している人がいるわけですよね。じゃぁその人たちがどのように合否を出しているかを想像してみてください。

きっと公開写真をイメージしながら審査していると思うんですよね。(想像ですけどね)

KIDS TOKEIの公式ページから直近に撮影した公開中の企画を見ることができますから、まずはどんな写真が撮影されているか見てみましょう。

公式ページはこちら

そうすると撮影される写真の傾向がなんとなくわかってきます。

まず、撮影場所については、屋外が圧倒的に多いです。これは公式ページの撮影地ガイドからも明らかで、各地の公園での撮影が中心なんですよね。

そして、撮影時のポーズですが、赤ちゃんの場合、以下のポーズのことが多いです。

・地面に敷いたラグの上でお座り、又はうつ伏せ

・体が入る少し大きめのかごの中でお座り、又は閉じたかごの上お座り

・椅子にお座り、又は椅子を使ったつかまり立ち

カゴや椅子は用意するにもお金がかかりますし、持っていくにはかさばりますから、ラグを敷いた撮影にしましょう。

皆さんの近所には芝生や花が咲いているような公園はありませんか?

騙されたと思ってピクニックがてらお弁当持って撮影に行って見てください。

屋内で中々上手く撮れないと悩んでいたのが嘘みたいに納得出来る写真が撮れると思いますよ。

ポイントは光です。

屋内だと光がどうしても不足しがちで中々満足いく写真が撮れないとことが多いんですよね。

我が家もはじめ、室内での写真撮影に四苦八苦していました。

撮りなれている人であれば苦にしないのかもしれませんが、素人の私には室内で撮るための機材もテクニックもなかったのです。

でも屋外なら「太陽」という、自然の照明機材があるんですよね。

この照明、本当に有能です。光の向きさえ気を付ければ、本当にいい写真を撮らせてくれます。

なので、気分転換のつもりで公園にカメラを持って行ってみてほしいんです。

モデルである赤ちゃんも新鮮な気持ちでいい表情を見せてくれるはずですよ。

とは言え長時間の撮影は赤ちゃんの負担になってしまいますから、撮れなかったらまた日を改めるくらいの余裕を持って撮影してくださいね。

オススメポーズ

撮影する時のポーズはなんでもいいです。赤ちゃんが一番輝くポーズと表情を見つけてください。

とは言え、一番近くで一番見ているのは皆さんですから、きっとイメージはできるんじゃないかな?と思います。

ちなみに我が家のおすすめポーズは

脚を開き気味にお座りして、両手を股のところに体を支えるように添えるポーズです。

この姿勢だと気持ち体が前かがみ状態になり、写真を撮るとき上目遣い気味になるんですよね。

赤ちゃんの上目遣いはポイント高いです。目も大きく見せることができますし、メロメロ間違いなしです。

 

連写機能でとにかく撮るべし

これは読んで字のごとくです。一昔のフィルムとは違い、デジカメでは記録媒体の容量以内であればいくらでも撮影することが可能ですから、とにかく撮りまくってください。

特に連写機能があれば、迷わず使うべきです。

赤ちゃんの場合、こちらが指示するとおりにポーズをとってくれるわけではないですから、どうしても数少ないシャッターチャンスを逃さないことが必須となります。但し、そのシャッターチャンスも突然訪れるので中々思うようにその瞬間を捉えることが難しいのも事実です。

ですので、いい写真を撮れる確率を上げるためにも連写機能を最大限有効活用してください。

100ショット撮れば、納得のいく写真が1枚は含まれているはずですよ。

 

アイテムの活用

いい写真を撮るためのアイテムも見つけておきましょう。

これはなんでもいいです。

お気に入りのぬいぐるみやおもちゃなど、笑顔を引き出せるアイテムがあると撮影がはかどります。

ちなみに我が家でのおすすめアイテムは「うちわ」です。

なんで「うちわ」かというと、赤ちゃんって風が好きな子が多いんですよね。

私も全然知らなかったんですが、初節句の際に行った、スタジオアリスでの撮影時にスタッフの方が「うちわ」を使って笑顔を引き出していたんですよね。

その効果は絶大で、それまで大泣きしていた我が子も「うちわ」で顔を仰いだら途端に笑顔になったんですよ。

それから、我が家での撮影時にも必須のアイテムに昇格しました。

ちなみに、我が家では更なる工夫を施して、うちわの片面にアンパンマンの画像を張り付けて、表と裏で「いないいないばぁ」ができるようにアレンジしています。

無地の「うちわ」作成キットは100円ショップに売っているのでお勧めですよ。

 

以上、応募写真についてのポイントを上げさせていただきました。

参考にしていただき、ベストショットを目指してみてください。

 

 

 

応募方法

会員登録が無事完了したら早速気になる企画に応募してみましょう。

 

会員ページにログイン


まずは、前回ダウンロードしたスマートフォンアプリからログインしてみましょう。

会員登録時に登録したメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」を押下しましょう。

応募したい企画を探す


ログインすると、その時点で応募可能な企画が表示されます。

企画にはそれぞれ以下の情報が記載されています。

・応募期間
・合格発表
・撮影日程
・応募条件
・グランプリ特典

記載された内容を確認して、募集記事の下部にある「今すぐ応募」を押下してください。

応募フォームを入力する


「今すぐ応募」を押下すると、申し込みに必要となる情報を入力する画面に移動しますので、必要事項を入力のうえ、画面下部の「確認画面へ」を押下してください。

上記画面では、全ての入力フォームを確認することができないので、下記にフォームを記載しておきますね。(「*」は入力が必須の項目です。)

尚、入力項目自体はそれなりに数がありますが、大半の項目は会員登録時に登録した内容が入力された状態となっていますので、そんなに時間はかからないと思います。

ー モデルに応募する子の情報ー

・モデル(姓)*
・モデル(名)*
・モデルカナ(姓)
・モデルカナ(名)
・モデル生年月日*
・モデル性別*
・モデル所属事務所*
・モデル年齢*

ー 保護者の情報ー

・保護者(姓)*
・保護者(名)*
・保護者カナ(姓)
・保護者カナ(名)
・保護者生年月日*
・保護者性別*
・電話番号*
・国*
・住所(都道府県~市区町村)*
・住所(番地以降)*
・建物名
・ブログURL
・モデル画像*

上の入力項目で少し補足します。

まず、「モデル所属事務所」項目ですが、既にモデル事務所に所属しているお子様の場合、企画によっては参加ができないものもありますので、応募条件をよく確認してください。

次に「モデル画像」項目ですが、応募写真のポイントについては次回説明しますが、1点だけ注意点があります。
添付する画像ですが、画像のサイズが1MB以内と決まっていますので、その点は注意してください。
画像を添付する場所ですが、下の画像のとおり、応募フォームの一番下にあります。

応募の仕方については以上となります。

次回は応募用の写真についてポイントを紹介したいと思います。

 

会員登録

KIDS TOKEIに参加するにはまず会員登録が必要です。

ここでは会員登録の方法を説明しますね。

 

KIDS TOKEIのサイトにアクセス


会員登録はKIDS TOKEIの公式サイトから行います。

公式サイトはこちら

※会員登録はPC、スマートフォンどちらからもできますが、ここではスマートフォンからの登録方法について説明しますね。

 

会員ページに移動


公式サイトにアクセスすると以下の画面が表示されます。

表示されたら右上の「会員ページ」を押下してください。

 

新規登録ページに移動


会員ページに移動するとログインフォームの下のところに「新規ご登録の方はこちら(新規メール会員登録)」というボタンがあるのでそちらを押下してください。

 

規約に同意


ページを移動すると、KIDS TOKEIに参加するにあたっての規約が表示されますので、内容を確認のうえ、「上記規約に同意して会員登録に進む」を押下してください。
この画面を見て気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、KIDS TOKEIは日本だけの企画ではないんです。世界中の可愛いKIDSたちが主人公なんですね。

会員情報を登録(応募フォーム)


規約に同意をして更にページを移動すると、会員情報を登録するフォーム画面に移動します。必要事項を入力のうえ、画面下部の「確認画面へ」を押下してください。

上記画面では、全ての入力フォームを確認することができないので、下記にフォームを記載しておきますね。(「*」は入力が必須の項目です。)

保護者(姓)*
保護者(名)*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
パスワード*
確認用パスワード*
国*
モデル(姓)*
モデル(名)*
モデルカナ(姓)
モデルカナ(名)
モデル生年月日*
モデル性別*

登録内容を確認(応募フォーム)


最後に前の画面で入力した内容を確認し、画面下部の「登録する」を押下して登録は完了です。

スマートフォンアプリのインストール


必須ではありませんが、KIDS TOKEI公式のスマートフォンアプリもインストールしておいたほうが便利ですので紹介しておきますね。

※私がiPhone使いなのでiPhoneの画像しかなくてごめんなさい。(汗)

アプリをダウンロードして起動すると以下の画面になります。
事前に登録したメールアドレスとパスワードを入力するとログインできます。

以上で会員登録の一連の説明は終了です。

次ページでは応募方法について詳しく説明していきますね。

KIDS TOKEIとは

はじめに


突然ですが皆さん。我が子のモデル活動に興味ありませんか?

日々成長していく姿を見ていると、

「なんて可愛いんだろう」

「やっぱりうちの子が一番かわいい!!」

とか、

お店に行っておむつや他のベビー用品のパッケージを見て、

「うちの子の方が全然かわいい!」

「うちの子だったらもっといい絵になるのに・・・」

なんて思ったことありませんか?

はい。私は日々思ってます。(汗)

でも、本気でモデルを目指すとなると、色々な面で覚悟が必要なんですよね。

とはいえ、

「今の可愛い姿を記念に残しておきたい」

「お手軽に、でも少し本格的なモデル体験をしてみたい」

なんて気持ちを持っている方は多いかと思います。

そんな方にお勧めしたいのが「KIDS TOKEI」です。

詳細な説明については次章以降で説明していきますが、ここではまずざっくりとした概要について説明します。

 

KIDS TOKEIってなんだろう


KIDS TOKEIとは、様々な企画毎、1分間ずつ子供たちの笑顔でリレーされるWEB上の時計のことです。

24時間を1分間ずつ、可愛いKIDS(BABY含む)が時間を教えてくれるんですよ。

 

どんな企画があるの


企画には、季節毎のものや地域限定のもの、また、様々な企業とのコラボなどがあります。

季節物としては・・・VALENTINE、入園・入学、浴衣・甚平、Halloween

地域限定としては・・・関東限定~、九州限定~

コラボとしては・・・VOGUE、トイザらス、スタジオアリス、子供向け映画

こんな感じですね。他にもたくさん企画があり、常に募集されています。

 

参加料はかかるの?


 

基本無料です。

基本といったのは、企画によっては参加料が必要なものもあります。また、撮影自体は無料でも、撮影場所によっては入場料が必要なところもあります。

 

撮影場所はどんなところ?


全国の公園やスタジオ等が撮影場所となります。

ちなみに撮影場所は全国で行われますので安心してください。

 

誰が撮影してくれるの?


KIDS TOKEI専属のプロのカメラマンが撮影してくれます。

小さいお子さんの撮影の場合、アシスタントの方も協力してくれますし、撮り方については指示してくれますからはじめてでも安心ですよ。

 

対象年齢は?


企画毎に異なりますが、0~10歳くらいまでの企画が多いようです。

企画によっては、年齢を限定しているものもあります。

 

一連の流れはどんな感じ?


次ページから各工程の詳細な説明をしますが、ざっくり言うと以下の流れで進んでいきます。

① エントリー → ② ボード作り → ③ 撮影 → ④ 公開

少し興味が湧いてきました?

上記で説明しましたが、参加にお金はかかりませんし、とりあえず会員登録だけしてどんな企画があるか見てみるのもいいかもしれません。見ていて興味のある企画があったらエントリーを考えてみてくださいね。

 

次ページからはさらに詳しく説明していきますね。